徳之島吹奏楽団が演奏会 美しい調べで聴衆魅了

徳之島吹奏楽団初主催の演奏会「吹奏楽の祭典」=28日、徳之島町文化会館

徳之島吹奏楽団初主催の演奏会「吹奏楽の祭典」=28日、徳之島町文化会館

 徳之島吹奏楽団(米山太平団長、団員23人)の演奏会「吹奏楽の祭典」が28日、徳之島町文化会館であった。島内小中高校の吹奏楽団体のほか、島内の混声合奏団や太鼓団体、徳之島にゆかりのある島外アーティストも賛助出演。アンコールを含め17曲を披露し、聴衆を魅了した。

 

 同吹奏楽団は島内の吹奏楽愛好者らで2011年に結成。吹奏楽の魅力や音楽の素晴らしさを伝えることを目的に、今回初めて同吹奏楽団主催の演奏会を開いた。

 演奏会は2部構成で、「南風のマーチ」でスタートした。小中高校生との合同演奏では息の合った美しい調べを披露。演奏と合唱のコラボや太鼓演奏もあり、聴衆を音楽の世界に引き込んだ。

 

 米山団長(32)は「今後も定期的に演奏会を開いて島内の吹奏楽を盛り上げ、音楽文化の振興発展につなげたい」と話した。