戦中戦後の沖永良部描く 「神の島のこどもたち」出版 2作品を文庫化 作家・中脇さん

出版された文庫本「神の島のこどもたち」

出版された文庫本「神の島のこどもたち」

 【沖永良部総局】沖永良部島の戦中戦後をテーマにした作家・中脇初枝さんの著書「神の島のこどもたち」(講談社文庫)が12日、出版された。単行本「神に守られた島」(2018年7月刊行)、「神の島のこどもたち」(19年1月同)を加筆、修正して1冊にまとめた文庫本。小説だが、その素材となった島の歴史、文化、島唄、言葉などは中脇さんの入念な取材を基に描かれており、戦争を知らない世代が当時の同島の状況や暮らしに思いをはせるきっかけになりそうだ。

 

 中脇さんは徳島県生まれ、高知県育ち。沖永良部島には13年1月、同島でしか記録されていない昔話を調べるために初来島した。島の高齢者から、昔話や歌だけでなく米軍の空襲や復帰運動など本土と異なる戦中戦後の話を聞き、衝撃を受けたのが作品づくりの原点となった。

 

 文庫化するに当たって、多くの読者にとってはなじみのない75年前の物語に親しみを持ってもらえるよう、特に戦時中のくだりを加筆、修正。中でも特別攻撃隊として二度沖縄へ出撃、機体故障で生還した元隊員から話を聞き、当時の心情や出撃時の状況を加筆した。

 

 南海日日新聞社の取材に対し、中脇さんは「この物語は島の皆さんと一緒に生みだしたものだと思っている。何も知らない本土の物書きを、優しく受け入れてくださった島の皆さんには感謝しかない。しったい、しったい、みへでぃろどー(本当に、本当に、ありがとうございます)」と島民へのメッセージを寄せた。

 

 文庫本はA6判448ページ、定価840円(税別)。中脇さんから和泊、知名両町の町立図書館に寄贈されているほか、知名町中央公民館で販売している。

 

著者の中脇初枝さん(葛西亜理沙さん撮影)

著者の中脇初枝さん(葛西亜理沙さん撮影)