手拍子やダンスで一体に 瀬戸内町吹奏楽団がじゅまる

会場一体となって音楽を楽しんだ瀬戸内町吹奏楽団がじゅまる定期演奏会=1日、同町(提供写真)

会場一体となって音楽を楽しんだ瀬戸内町吹奏楽団がじゅまる定期演奏会=1日、同町(提供写真)

  瀬戸内町吹奏楽団がじゅまる(花岡香菜子団長、団員20人)の第4回定期演奏会が1日、同町きゅら島交流館であった。子どもから高齢者まで約120人が来場。手拍子やダンスで演奏に加わり、会場一体となって吹奏楽の魅力を楽しんだ。

 

 演奏会は3部構成で吹奏楽曲「キボウノカゼ」で開幕。2部では、「山の音楽家」に合わせて楽器紹介があり、来場者も楽器の一つとして手拍子で演奏に参加した。

 

 3部では徳之島吹奏楽団有志3人が賛助出演。「パプリカ」「きよしのズンドコ節」などなじみの曲で会場を盛り上げた。

 

 同楽団は吹奏楽の楽しさや素晴らしさを伝えるため、年1回ペースで定演を開催している。花岡団長は「初めて来場いただいた方も多く、吹奏楽に興味を持っていただけてうれしかった。今後もさまざまな場所で演奏し、地域に愛される吹奏楽団を目指したい」と話した。