東京お台場で朝崎さんらライブ

タナカアツシさんの伴奏で朝花節などを熱唱した朝崎郁恵さん=14日、タワーミニ・ダイバーシティ東京プザ店

タナカアツシさんの伴奏で朝花節などを熱唱した朝崎郁恵さん=14日、タワーミニ・ダイバーシティ東京プザ店

  東京都江東区の商業施設内にあるCDショップで14日、奄美の唄者らによるミニライブが開催された。「アイヌと奄美」と題したCD集の発売記念イベント。CD集に自身の唄が収められている朝崎郁恵さん、森田美咲さん、里歩寿さんが特設ステージで収録曲などを披露した。都内の人気観光スポットお台場に隣接した会場は、多くの観光客や買物客でにぎわった。

 

 ライブを主催したCDショップチェーンのタワーレコード㈱で統括部長を務める真井純也さん(龍郷町出身)は「約10年前に新宿で朝崎さんのインストアライブを企画したのが始まり。昨年は川崎市や鹿児島市で牧岡奈美さん、指宿桃子さんにも出演いただいた。演奏後に聴衆から寄せられた『感動した』『涙が出た』との声がライブ企画の原動力となっている」とイベントを振り返った。

 

 富山県から来場した40代女性は「偶然聞こえてきた三味線と歌声に足を向けた。説明を受け、演奏が奄美の唄だと知った。私のように予備知識やなじみのない者でも、心で聴き、心で感動することができた。私の中に奄美からの風が吹いた」と興奮を隠せない様子だった。

 

 ライブ後は今年3月に発売された「アイヌと奄美」(5枚組CD、=アイヌ編31曲、奄美編34曲、コラボレーション編)が販売され、出演者らにサインを求める姿が見られた。