東京で戦争の記憶伝えるイベント/越川監督も登壇

戦時中のコミュニケーションと映画論を展開した越川監督(左)=1日、東京・千代田区

戦時中のコミュニケーションと映画論を展開した越川監督(左)=1日、東京・千代田区

 戦争の記憶と記録をネット上のコンテンツで残す取り組みを続けているIT大手ヤフー(東京)は1日、東京千代田区の本社イベントスペースで「未来に残す戦争の記憶・手紙から読み解く、戦時中のコミュニケーション」と題してトークイベントを開催した。奄美を舞台にした映画「海辺の生と死」を製作した越川道夫監督も出演し、戦時中の意思伝達について考察した。