瀬戸内で子ども島口・伝統芸能大会

島口劇「島人姫IN諸鈍」で会場を沸かせた諸鈍子ども会=25日、瀬戸内町古仁屋

島口劇「島人姫IN諸鈍」で会場を沸かせた諸鈍子ども会=25日、瀬戸内町古仁屋

 第9回瀬戸内町子ども島口・伝統芸能大会(瀬戸内町中央公民館主催)が25日、同館であった。町内の子ども会13団体から小中学生計134人が出演。各学校などで練習を重ねた島唄や島口劇、伝統芸能を披露して郷土の魅力を発信した。

 大会は、子どもたちが郷土への関心や誇りを持つ心を育て、失われつつある島口、伝統芸能の普及につなげることなどを目的に開催。篠川子ども会の島唄・三味線を皮切りに棒踊りや八月踊り、太鼓演奏などさまざまな演目が繰り広げられた。