知名町で子ども芸能祭

総勢約70人が日頃の練習成果を披露した子ども芸能祭=20日、知名町

総勢約70人が日頃の練習成果を披露した子ども芸能祭=20日、知名町

  【沖永良部総局】知名町文化協会主催の子ども芸能祭は20日、同町の文化ホールあしびの郷・ちなであった。文化協会会員の教室生ら12団体約70人が出演。家族や地域住民ら大勢の来場者の前で踊りや三味線演奏など日頃の練習の成果を発表した。

 

 玉城流糸和会福田清美琉舞道場の「かぎやで風」で幕開け。曲調に合った踊りで会場を魅了した。続く知名町エイサー愛好会は未就学児から中学生まで19人が登場。サザンオールスターズの「平和の琉歌」「よさこいエイサー琉球王」の2曲に合わせてかわいらしく、また力強い演舞を見せた。

 

 琉球舞踊などの踊りが続き、最後は福田三味線教室の生徒による「島人ぬ宝」「なちかしゃぬ島」で締めくくった。このほか2017年度沖永良部音楽コンクールの最優秀賞受賞者によるピアノの演奏もあった。