第39回南海文化賞、弓削氏と油井豊年踊り、興氏に

修正 文化賞 南海日日新聞社が各分野で優れた功績を残した人々や団体に贈る第39回南海文化賞の受賞者が決まりました。今回の受賞者は、奄美群島の歴史研究に大きな功績を残した弓削政己氏(66)=奄美市名瀬、学術部門、瀬戸内町油井の油井豊年踊り保存会(内田百一会長)=郷土・民俗部門、奄美海洋生物研究会長の興克樹氏(44)=特別賞(海洋生物調査研究功労)=の2個人1団体です。贈呈式は11月2日午前11時から、奄美市名瀬の「あまかん」で行います。(20日付で受賞者・団体の横顔を紹介)