節田マンカイ中止に 奄美市笠利町節田

 奄美市笠利町の節田集落(朝郁夫区長、305世帯493人)の旧正月の伝統行事「節田マンカイ」は、新型コロナウイルス感染防止のため、今年は中止されることとなった。今年の旧正月は12日で、7日までの奄美市の警戒レベルなどを参考に決定した。

 

 向かい合って座った男女が、唄を掛け合いながら手踊りを繰り返す新年の伝統行事。互いの手のひらを重ね合わせる踊りもあり、「対面と接触が避けられず、感染リスクが高まる」として中止を決めた。

 

 2008年に県の無形民俗文化財に指定された。朝区長は「中止となったのは記憶する限り初めて。高齢者も多く、仕方がない」と話している。