紬の写真が銀賞受賞 兵庫県在住の青山良さん

笠利町の薗家で撮影した青山さんの作品

笠利町の薗家で撮影した青山さんの作品

 本場奄美大島紬を題材に撮影した写真が、ヨーロッパの写真コンテスト(WPE)で銀賞を受賞した。撮影者はプロカメラマンの青山良さん(57)=兵庫県在住=で、受賞は昨年に続き2回目。青山さんは「大島紬の魅力が世界の人の目に留まればうれしい」と喜んだ。

 

 今回の受賞作品は、今年2月に国指定の登録有形文化財(建造物)の薗家=奄美市笠利町用安=で撮影されたもの。大阪市在住のモデル、ほっぺふき子さん(i│design所属)がモデルを務め、祖母に結婚を報告する場面という設定で撮影した。

 

 青山さんは妻が笠利町和野出身で、奄美大島には数多く訪れている。「色合いの渋さや工程の複雑さに魅力を感じている」(青山さん)と2年ほど前から大島紬をメインに撮影を重ねてきたという。

 

 青山さんの受賞作品が掲載されているWPEのホームページでは、世界中から寄せられた結婚に関連した作品が閲覧できる。青山さんは「撮影には多くの紬関係者が協力してくれた。世界に紬の魅力を伝えて恩返しできたら」と笑顔を見せ、「現在、ブライダル関連の仕事も手掛けている。受賞を機に奄美での結婚式をPRして誘客につなげたい」と展望を述べた。

2年連続のWPE銀賞を受賞した青山さん(写真は全て青山さん提供)

2年連続のWPE銀賞を受賞した青山さん(写真は全て青山さん提供)