西仲間の竿踊りも披露 十五夜唄あしび

客席からハト(指笛)やはやしも飛び交った「奄美十五夜唄あしび」=31日、奄美市名瀬

客席からハト(指笛)やはやしも飛び交った「奄美十五夜唄あしび」=31日、奄美市名瀬

 奄美市の自主文化事業「奄美十五夜唄あしび」が8月31日夜、同市名瀬の奄美文化センター野外ステージであった。「西からも東からも寄らてぃ 唄たり踊たりしんしょろや」と題し、同市住用町の西仲間八月踊り伝承会(紀元三好会長)らが出演。円形状のステージを囲んだ島唄ファンらを楽しませた。

 昔ながらの唄あしびを再現し、伝統文化の素晴らしさを伝えようと毎年開催しているイベントで24回目。

 八月踊り伝承会の「おぼこり」で開幕し、茂木幸生さん、平田久代さん、平山淳子さん、嘉川敏子さんの4人のベテランも登場。住用のほか、大和や笠利、瀬戸内など各地域の歌い方で「朝花節」や「ヨイスラ節」「イトゥ」などが続いた。

 終盤は市の無形民俗文化財に指定されている同集落の竿(そお)踊りを披露。約30人の踊り手が男女2手に分かれ、「エイホ、エイホ」の掛け声とともに3㍍程の竹竿を振り下ろす激しい踊りに、会場からは拍手と歓声が湧き起こった。

 唄の合間には出演者の軽妙な島口トークが観客の笑いを誘ったほか、黒糖焼酎なども振る舞われ、最後は会場一体となった六調でにぎやかに締めくくった。