踊りで新住民を歓迎/「ヤーマワリ」瀬戸内町清水

伝統の唄と踊りで新しい住民を歓迎した清水集落の「ヤーマワリ」=17日、瀬戸内町清水集落

伝統の唄と踊りで新しい住民を歓迎した清水集落の「ヤーマワリ」=17日、瀬戸内町清水集落

  旧暦8月のアラセツを迎え、群島各地で五穀豊穣を願う伝統行事が繰り広げられている。瀬戸内町の清水集落では17日夜、その年に集落に転入した家庭や、新築・改築した家などを地域住民が訪ね、庭先で踊って祝う「ヤーマワリ(家回り)」があった。来年オープン予定の身障者専門ダイビング施設「一般社団法人ゼログラヴィティ・清水ヴィラ」では約50人が踊りの輪を作り、集落の新しい仲間をにぎやかに歓迎した。