郷土色豊かな芸能堪能 児童から一般19団体出演 天城町で徳之島民謡大会

オープニングを飾った井之川中学校と下久志青年団の「下久志棒踊り」=24日、天城町天城

オープニングを飾った井之川中学校と下久志青年団の「下久志棒踊り」=24日、天城町天城

 【徳之島総局】第29回徳之島民謡大会(徳之島3町文化協会主催)が24日、天城町防災センターであった。会場には老若男女約350人が詰め掛け、郷土色豊かな伝統芸能や島唄を堪能した。

 

 「徳之島民謡は島の心 みんなで守り育てよう」をテーマに、3町持ち回りで毎年開催されている。天城町文化協会の中水勝久会長は「島口の継承に向け、大会を盛大に楽しもう」などとあいさつ。今年は児童から一般まで19団体が出演した。

 

 プログラムは2部構成。徳之島町立井之川中学校と下久志青年団が伝統芸能「下久志棒踊り」でオープニングを飾った。各町の代表者らが島唄や伝統芸能、島口漫談などを披露し、最後は六調でにぎやかに締めくくった。