鳥飼さん「本格ミステリ大賞」受賞/奄美市で執筆

「死と砂時計」で本格ミステリ大賞を受賞した鳥飼さん=19日

「死と砂時計」で本格ミステリ大賞を受賞した鳥飼さん=19日

 本格ミステリ作家クラブが主催する第16回本格ミステリ大賞の公開開票式が12日、東京都内であり、小説部門で奄美市の小説家、鳥飼否宇(ひう)さん(56)=本名・鳥飼久裕=の「死と砂時計」(東京創元社)が大賞に選ばれた。

 作品は世界各国から集められた死刑囚のみを収容する「ジャリーミスタン終末監獄」を舞台とする連作集。雑誌で連載した六つの短編がエピローグでつながり、完結する。