「ポスター作り代行します」 奄高生が協力企業募集 24日まで

これまで作成したポスターを手に企画の協力者を募集する生徒たち=17日、南海日日新聞社

これまで作成したポスターを手に企画の協力者を募集する生徒たち=17日、南海日日新聞社

 「広告ポスターで地元企業を助けたい」として、県立奄美高校(宇都尚美校長)の生徒たちはポスター製作を希望する企業を募集している。広告や販売促進活動について学んでいる商業科2年生10人が店舗や商品のポスター作りを代行し、PRの手助けをする。生徒らは「困っている企業に高校生の力を活用してもらいたい」と意気込んだ。応募締め切りは24日。

 

 授業の一環で、新型コロナウイルス感染症の影響を受ける地元企業を応援しようと生徒らが企画した。応募企業の中から1社を選出し、広告物や内容について協議した上でポスターのデータを納品する。

 

 対象は▽新型コロナで売り上げが落ちた▽店舗や商品の知名度をアップしたい▽広告に回す時間やお金の余裕がない▽新規オープンした│企業などで、業種は問わない。生徒たちは「SNS(会員制交流サイト)への展開やトレンドを意識した表現など、高校生ならではのアイデアで悩みを解決します」とアピールした。

 

 希望者は24日午前中までに電話で申し込む。

 

 問い合わせ・申し込みは電話0997(52)6121奄美高校・商業科下川教諭へ。