体育祭の秋、高校から /古仁屋、大島北皮切り

 奄美各高校の体育祭・体育大会が5日始まった。県立古仁屋高校(松ヶ野健校長、生徒136人)の第67回体育祭はこの日、瀬戸内町の同校グラウンドであり、生徒らは新・古高魂(障害物競走)や学年対抗綱引き、八月踊りなど全17種目で爽やかな汗を流した。

声を掛け合いながら学年対抗で競った綱引き=5日、古仁屋高校グラウンド

声を掛け合いながら学年対抗で競った綱引き=5日、古仁屋高校グラウンド


 県立大島北高校の第47回体育祭はこの日、奄美市笠利町の同校グラウンドであった。学年別に赤、白、黄に分かれて100㍍、1500㍍走、俵運搬リレー、ムカデ競走などで競ったほか、赤木名保育所園児も駆けっこで参加して大会に花を添えた。

3年生応援団が息の合った演舞を披露=5日、大島北高校グラウンド

3年生応援団が息の合った演舞を披露=5日、大島北高校グラウンド