児童が集落の魅力紹介 13人がガイド役 伊仙町阿権

集落の魅力について紹介した阿権小の児童の「島っ子ガイド」=17日、伊仙町阿権

集落の魅力について紹介した阿権小の児童の「島っ子ガイド」=17日、伊仙町阿権

  【徳之島総局】伊仙町立阿権小学校(岩元博美校長、児童20人)の児童らが、地元の観光スポットを案内する「島っ子ガイド」が17日、同校周辺であった。3~6年生13人がガイド役を務め、阿権校区を除く町内在住の親子13人とともに集落の名所を巡ってその魅力を紹介した。

 

 同校は2016年度から、郷土学習の一環で島っ子ガイドを展開している。今回は自然や文化、人を生かした学びの場を提供する「いせん親子チャレンジ教室2020」(同町教育委員会主催)を兼ねて活動した。

 

 児童らは2班に分かれ、それぞれ学校を発着点に石垣の町並みや渓谷、樹齢300年のガジュマルなどおすすめスポット10カ所を回った。歴史や言い伝えなどをクイズ形式で紹介しながら、参加者を楽しませた。

 

 同校5年の窪田智哉君(10)は「初めて集落を歩いたお客さんに魅力を伝えるのは難しい。ガイドを通して阿権集落のことをもっと知ってもらいたい」と話した。

 

 息子と2人で参加した古田真悟さん(33)=同町伊仙=は「阿権集落は普段車で通るだけだったので、ガイドを受けていろんな魅力を知った。今度は家族みんなで集落を歩いてみたい」と語った。