児童生徒が畜産体験 5人へ修了証書授与 和泊町

畜産の仕事を体験し、修了証書を受け取った児童生徒ら=5日、和泊町(提供写真)

畜産の仕事を体験し、修了証書を受け取った児童生徒ら=5日、和泊町(提供写真)

 【沖永良部総局】和泊町内の小学~高校生を対象にした畜産農家体験プログラムの修了式が5日、町役場であった。町内の牛舎で給餌や牛床清掃などを体験した児童生徒5人は、充実した表情で修了証書を受け取った。

 

 体験プログラムは、児童生徒に畜産の魅力を伝えようと町が企画した。参加者は昨年11月から4~7回程度、受け入れ農家3戸で畜産の仕事を体験した。

 

 児童生徒たちは、町に提出した日誌で「牛の成長が早くてびっくりした」「農家さんによって飼育のやり方が違う」などと感想をつづっていた。

 

 体験プログラムは来年度も実施予定。児童生徒には、町内の農家が出荷して県内で肥育された黒毛和牛の肉1キロも副賞として贈られた。