全商検定6種目で1級合格 川畑美晴さん(情報処理科3年) 大島北高

全国商業検定6種目で1級を取得した川畑美晴さん=5日、奄美市笠利町

全国商業検定6種目で1級を取得した川畑美晴さん=5日、奄美市笠利町

 県立大島北高校(奄美市笠利町、下髙原涼子校長)情報処理科3年の川畑美晴さん(18)がこのほど、全国商業高校協会(全商)の検定6種目で1級を取得した。同校では2012年以来8年ぶりの快挙となる。

 

 全商検定は全9部門。同校では最大7部門が取得できる。川畑さんは①珠算・電卓実務(そろばん)②同(電卓)③簿記実務④ビジネス文書実務(ワープロ実務)⑤情報処理(ビジネス情報部門)⑥商業経済│の6冠を達成した。

 

 川畑さんは、2年前に5冠を達成した同校の先輩超えを目標に掲げ、朝課外や試験1週間前の特別補習などで地道に努力を重ねてきた。そろばんは全く触れたことのない状態から始めたという。「目標を達成できてうれしかったけど、7冠には届かず悔しい気持ちもある」と語る川畑さん。「簿記を勉強して、お金の流れに興味を持った」と話し、卒業後は島内で金融関係の仕事に就く予定。

 

 担任の烏丸美由紀教諭は「1年の時から先輩を超えたいと話していたので、できることはしてあげたかった。たまたまそろばんの指導ができる先生がいたりと、縁にも恵まれたと思う」と振り返り、「彼女は島が大好き。性格を生かして奄美のために頑張ってほしい」とエールを送った。