初の共通テスト始まる 大島高校会場

試験開始を待つ受験生=16日、奄美市名瀬の県立大島高校

試験開始を待つ受験生=16日、奄美市名瀬の県立大島高校

 大学入試センター試験に代わる初の大学入学共通テストの第1日程が16日、全国681会場で始まった。初日は地理歴史・公民、国語、外国語があり、県内唯一の離島会場となる県立大島高校(奄美市名瀬)では志願者332人のうち324人が試験に臨んだ。17日は理科と数学がある。

 

 大学入学共通テストを利用する大学、専門職大学、短期大学は過去最多の866校。志願者数は53万5245人で前年比2万2454人減となった。今回はコロナ禍で学業に遅れのある高校生のため、第1日程に加えて30、31日の第2日程も設定されている。

 

 大学入試センターによると、第1日程の試験は県内13会場で実施され、前年より341人減の6263人が志願した。与論島の受験者は沖縄県の名桜大学で受験した。

 

 新型コロナウイルス感染対策のため、教室内では試験官と受験生の間に飛沫(ひまつ)を防ぐシールドを設置。手指消毒やマスク着用も求めた。大島高校会場では目立ったトラブルの報告もなく、試験初日は予定通り終了した。

 

 気象庁によると、17日の奄美地方は曇りで、奄美市名瀬の最低気温は13度を予想している。