和泊町教委がCATVで学習動画放送へ

英語の学習動画を制作する和泊小の教諭やサンサンテレビの担当者ら=24日、和泊町

英語の学習動画を制作する和泊小の教諭やサンサンテレビの担当者ら=24日、和泊町

 新型コロナウイルスの影響で休校となっている児童生徒の学習を支援しようと、和泊町教育委員会は、同町のケーブルテレビ(サンサンテレビ)を活用した学習動画放送の準備を進めている。24日は、和泊小学校(福元哲勇校長)で小学5、6年生対象の外国語(英語)学習の動画を撮影した。放送は27日に開始し、休校が終了する5月6日まで行う予定。

 

 町教委とサンサンテレビ、町内の小中学校が主催する。放送は毎日午後5時開始、1番組当たり10~15分を予定する。

 

 町教委によると、21日付で島内全ての小、中学校に動画制作への協力を呼び掛けた。他の教科の動画制作も検討しているという。

 

 24日は放送2回分の動画を撮影した。出演した和泊小の神野孝作教諭(40)は「児童生徒には動画を通して自宅で楽しく学習し、明るい気持ちになってほしい」と話していた。