大切な一票、重みかみしめ   大高生が模擬体験 

模擬投票で意中の候補に一票を投じる生徒=2日、奄美市名瀬の県立大島高校

模擬投票で意中の候補に一票を投じる生徒=2日、奄美市名瀬の県立大島高校

 今夏の参議院議員選挙から投票年齢が18歳以上に引き下げられることを受け、奄美市明るい選挙推進協議会(屋宮重藏会長)などは2日、同市名瀬の県立大島高校(池田浩一校長、生徒数798人)の生徒を対象に選挙講座を開いた。3年生の代表が模擬投票を体験し、一票の重みを感じていた。