奄美高校の情報処理、1学級減へ

123 県教育委員会は26日、2015年度の市立7校を含む県内の公立高校生徒募集定員を発表した。317学級(全日制314学級、定時制3学級)で、前年度比2学級100人減の1万2660人(全日制1万2540人、定時制120人)を募集する。募集定員は中学校卒業予定者の減少が小幅にとどまった12年度に記録が残る1961年度以降では初めて据え置きとなったが、13年度は再び減少に転じ、3年連続で過去最少を更新した。大島学区は奄美・情報処理(2学級80人)が1学級40人削減され、全体の募集定員は全日制28学級、定時制1学級の計29学級の1160人(全日制1120人、定時制40人)。大島学区で募集定員が削減されたのは11年度の徳之島・総合学科以来4年ぶり。