奄美高校定時制入学式 新入生10人を歓迎

  奄美市名瀬の県立奄美高校定時制(堀之内尚郎校長)で9日、入学式があった。本年度は10人(男7人、女3人)が入学。在校生13人も出席し、新入生を歓迎した。

 

仕事と勉学の両立を誓った定時制の入学式=9日、奄美高校

仕事と勉学の両立を誓った定時制の入学式=9日、奄美高校

 式辞で堀之内校長は「夜通い続け学び続けることは大変な苦労だが、みんなで励まし合い支え合って頑張ればどんな苦しみも楽しみに変えることができる。全員で卒業を迎えてほしい。今日の喜びを忘れず、心身健康で有意義な高校生活を送ることを祈念する」と新入生を激励した。

 

 坂元由貴PTA会長も「新しい環境に一日でも早く慣れ、楽しい学校生活が送れることを祈っている。保護者の皆さんも子どもたちを一緒に応援していきましょう」と続けた。

 

 新入生の黒木理奈さん(16)は「まずは高校を卒業することが目標。将来は介護福祉士か美容師になるのが夢なので、それに向かって頑張りたい」と新生活への意気込みを語った。

 

 同校は4年課程のほか、通信教育で卒業に必要な単位を取得する3年課程がある。現在、15歳から30代後半の生徒が在籍し仕事と勉学の両立に励んでいる。