巨大クロウサギ登場

金久中生徒が制作したアマミノクロウサギのオブジェ=18日、奄美市笠利町の県奄美パーク

金久中生徒が制作したアマミノクロウサギのオブジェ=18日、奄美市笠利町の県奄美パーク

 奄美市笠利町の県奄美パークに国の特別天然記念物に指定されているアマミノクロウサギの巨大なオブジェが登場し、来場者の目を引いている。同市名瀬の金久中学校生徒が制作。短い耳や手足の大きな爪といった特徴を表現し、くるりとした目が愛くるしい。生徒たちは「観光客など多くの人に見てほしい」と話し、世界自然遺産登録に向けた機運の高まりを期待している。

 作品は同パーク屋内イベント広場で12月26日ごろまで展示予定。