新調のサタグルマでキビ搾り 伊仙町喜念小学校

新調したサタグルマを使ったキビ搾りを体験した児童ら=8日、伊仙町の喜念小学校

新調したサタグルマを使ったキビ搾りを体験した児童ら=8日、伊仙町の喜念小学校

 【徳之島総局】伊仙町の喜念小学校(今村浩幸校長、児童27人)で8日、同校で収穫したサトウキビを使った黒糖作りがあった。保護者や地域住民らも参加。新調したサタグルマ(砂糖圧搾機)を使ったキビ搾りの体験もあり、児童たちは昔ながらの作り方を教わりながら郷土の伝統や農業を学び交流した。

 

 地域の伝統継承を目的とした恒例行事。児童らが同校の畑で収穫したキビに加えて、各家庭から持ち寄った原料を伊仙町農業支援センターで圧搾し、キビの搾り汁約100㍑を準備した。

 

 講師役には天城町与名間の平山製糖工場から平山五十六さん(42)を招いた。児童たちは3班に分かれて、搾り汁を大釜で煮詰める作業を体験。砂糖を固める石灰の量や釜から取り出すタイミングに注意しながら、黒糖作りに取り組んだ。

 

 同校のサタグルマは設置から約20年が経過して腐食が進んだことから、喜念集落が町の助成金を活用して本年度に改修した。森きみ子区長(68)は「黒糖作りは地域と学校の交流の場。行事が長く続いてほしい」と述べ、6年の森大尊君(12)は「サタグルマが新しくなったおかげで去年より楽に動かせた。黒糖作りも楽しかった」と話した。