昔遊びの面白さ体験 徳之島町立図書館

竹とんぼに挑戦する参加児童=24日、徳之島町の生涯学習センター

竹とんぼに挑戦する参加児童=24日、徳之島町の生涯学習センター

 徳之島町立図書館主催の「おはなし会&親子で工作」が24日、同町の生涯学習センターであった。町内の小学校3年生までの児童ら約30人が訪れ、紙芝居やパネルシアターを楽しんだ後、こま回しや竹とんぼなど昔遊びの面白さを体験した。

 

 読書週間(4月23~5月12日)に合わせ、子どもたちに読書や昔の遊びを楽しんでもらうために開催した。地区の高齢者も講師として参加し、こま回しや、竹とんぼの遊び方のほか、竹やソテツの葉を利用した風車など、身の回りにある物を利用したおもちゃの作り方も指導した。

 

 参加した竹山心彩さん(亀津小2年)は「竹とんぼは上手く飛ばせなかったけど、チラシで作った折り紙鉄砲は大きな音で鳴らせた。面白かったので作り方も覚えて帰りたい」と感想を述べた。

 

 講師を務めた亘住男さん(73)=同町亀津=は「親世代も昔の遊びを知らない世代だが、子どもたちは昔と変わらず興味を持ってくれる。身の回りにある物で工夫して遊ぶ楽しさを伝えたい」と目を細めた。