松村恵太くん(朝日小4年)に感謝状 奄美署

中野誠奄美署長から感謝状を受け取る朝日小4年の松村恵太君(右)=3日、朝日小学校

中野誠奄美署長から感謝状を受け取る朝日小4年の松村恵太君(右)=3日、朝日小学校

 奄美署は3日、路上に倒れた高齢男性を発見し、異変を察知して119番通報につなげたとして、奄美市名瀬有屋町の松村恵太君(10)=朝日小学校4年=に感謝状を贈った。男性は心臓病を患っており危険な状態だったが、通報のおかげで一命をとりとめた。

 

 朝日小学校や松村君によると、今年1月2日午後3時ごろ、松村君の自宅近くの路上で高齢の男性が突然倒れた。たまたま自宅の窓から外を見ていた松村君が発見。10秒ほど経過を見たが男性に起き上がる気配がなかったことから、心配になった松村君は自宅にいた父・謙三さん(41)に急いで知らせ、現場へ行った。男性は心臓病を患っており、横になった状態で会話ができず、異変を察知した謙三さんがすぐに携帯電話で119番通報した。男性は救急車で病院へ搬送され一命をとりとめた。

 

 中野誠署長から感謝状を受け取った松村君は「お父さんに言おうか迷ったけど、すぐに言ってよかった。おじいちゃんが助かってほっとした。これからも困っている人の役に立てるような人になりたい」と話した。