民謡など多彩な演目披露 和泊町

児童らが民謡など多彩な演目を披露した子ども芸能発表会=14日、和泊町

児童らが民謡など多彩な演目を披露した子ども芸能発表会=14日、和泊町

    【沖永良部総局】和泊町の「和泊の子」表彰式(町主催)と子ども芸能発表会(町文化協会主催)が14日、町防災拠点施設やすらぎ館であった。読書やスポーツ、奉仕活動など7部門で活躍した小学~高校生65人を表彰。芸能発表では、児童ら約160人が、民謡やダンスなど多彩な演目を披露し来場者を楽しませた。

 

 新型コロナウイルス感染症対策のため、来場者は表彰・発表者の関係者に限定し、入れ替え制とした。これまで同じ日に開催していた町子ども会大会(町子ども会育成連絡協議会主催)は後日、町内各字の子ども会の活動発表を収録し町有線テレビで放送する予定。

 

 伊地知実利町長は表彰式で「これからもそれぞれの能力や個性を磨き、町発展を支える人材に成長してほしい」と児童生徒を激励した。

 

 芸能発表は、民謡団体「ほうらしゃ会」の「えらぶ百合の花」で幕開け。子どもたちが舞台で躍動し、各地区の伝統芸能や琉球舞踊など20演目を披露した。