畜産農家体験プログラムに5人参加 和泊町

開始式で、受け入れ農家から体験で使う雨靴と手袋をプレゼントされた子どもたち=12日、和泊町

開始式で、受け入れ農家から体験で使う雨靴と手袋をプレゼントされた子どもたち=12日、和泊町

 和泊町の畜産農家体験プログラム(町主催)の開始式が12日、町役場結ホールであった。町の子どもたちに畜産業を知ってもらうための初の試みで、小学6年生~高校1年生5人が申し込んだ。開始式には3人が参加。受け入れ農家から激励を受け、学ぶ意欲を新たにしていた。

 

 国の2020年度新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金事業を活用。今後も随時体験希望者を募集する。受け入れ農家は5人で、農家と体験希望者で話し合い、来年2月末をめどに7回以内で体験日を調整。餌やりや出産の立ち会い、牧草の刈り取りなどを体験する予定。

 

 開始式で町経済課の東敏仁課長は「牛飼い体験を通して、将来の職業選択の幅を広げてほしい」とあいさつ。町和牛振興会の山本信二会長は「皆さんが大きくなって、牛飼いの経験から役立つことがあったり、牛飼いをやる気持ちが出てきたりしたらすごくうれしい」、受け入れ農家を代表して伊口重孝さんは「楽しくみんなと牛飼いをやりたいと思っている。気楽な気持ちで来てほしい」と呼び掛けた。

 

 プログラムに応募した村山和美さん(11)=和泊小6年=は「祖父が畜産をやっているので、少しでも役に立てるように勉強したい」と張り切っていた。