873作品から15人入賞 ハブ咬傷予防ポスターコン

表彰式に出席した奄美大島の入賞者=30日、県大島支庁

表彰式に出席した奄美大島の入賞者=30日、県大島支庁

 2020年度ハブ咬傷(こうしょう)予防対策ポスターコンテストの表彰式が30日、奄美大島と徳之島であった。両島の小学校から過去最多の873作品の応募があり、低学年、中学年、高学年の3部門で15人が入賞した。学校賞には龍郷町の大勝小が選ばれた。

 

 奄美市名瀬の県大島支庁であった表彰式には入賞した児童9人が出席。コンテストを主催するハブ対策推進協議会会長を務める田中完支庁長から表彰状が手渡された。

 

 最優秀賞を受賞した低学年の部の淀修也君(名瀬小2年)は「ハブの模様が目立って、怖く見えるように描いた」と話した。高学年の部の德永瑛亮君(大勝小5年)は「最優秀賞を取れるとは思わなかった。工夫をして描いたところを見てもらえてうれしい」と笑顔を見せた。

 

 優秀作品はハブ咬傷予防を啓発するポスターに掲載され、空港や港、観光施設などに掲示される。学校賞以外の入賞者は次の通り。(敬称略)

【高学年の部】▽最優秀賞 德永瑛亮(大勝小5年)

【高学年の部】德永瑛亮(大勝小)

【中学年の部】▽最優秀賞 久保芳嘉(亀津小4年)

【中学年の部】久保芳嘉(亀津小)

 

 【低学年の部】淀修也(名瀬小)

【低学年の部】淀修也(名瀬小)