「共謀罪」衆院通過   奄美賛否の声交錯

 「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ「テロ等準備罪」の新設を含む組織犯罪処罰法改正案が衆院を通過した23日、奄美の政党関係者はそれぞれの立場から意見を寄せた。法案に賛成する与党が「他国との連携や国内の重大犯罪抑止の視点から必要。早期成立を」とする一方、野党は「内心が捜査対象になり、思想信条の自由が奪われる。審議も不十分」と反発。犯罪抑止への効果や冤罪への懸念など、住民の賛否も割れた。