ごみ収集カレンダー好評

ごみの収集日などを盛り込んだカレンダー

ごみの収集日などを盛り込んだカレンダー

 奄美市が作製した家庭ごみ収集カレンダーが好評だ。担当の環境対策課には市民から「可燃ごみやプラスチックなどの分別が示され、とても役立っている」「収集日が一目で分かる」などの声も寄せられている。
 同市の資源ごみは、紙ごみ(段ボール、新聞紙・チラシ、その他紙ごみ)とペットボトル・瓶類に分けられ、地域ごとに収集日が異なる。
 このため、市内50町別の収集日をカレンダーで知らせ、ごみの出し方や出し方のポイント、粗大ごみ多量ごみなど市で収集できないものなどを掲載している。
 同課によると、製作部数は名瀬地区限定で約2万部。毎年3月に広報「奄美市だより」で世帯ごとに1部ずつ無料配布するほか、転入者には市民課の窓口でも配布している。