ウロー美化同志会に知事表彰 群島唯一の受賞、道路愛護で 与論町

道路愛護知事表彰を受けたウロー美化同志会の田中代表(中央)ら=3日、与論町

道路愛護知事表彰を受けたウロー美化同志会の田中代表(中央)ら=3日、与論町

  【沖永良部総局】2020年度道路愛護知事表彰の伝達式が3日、与論町の大島支庁与論庁舎であった。奄美群島唯一の受賞団体で、同町那間で県道沿いの植栽管理などを行っているウロー美化同志会の田中國重代表(78)に表彰状が贈られた。

 

 県などは毎年度、長年道路の美化清掃に努め、実績が顕著な団体・個人を表彰している。今年度は、国土交通大臣表彰に3団体、知事表彰に11団体を選出した。

 

 ウロー美化同志会は08年ごろから、集落内の県道や町道沿いに木や花を植える活動を続けている。他団体と協力し、町内の美化活動にも積極的に取り組んでいる。

 

 伝達式では県沖永良部事務所の椛山良文所長が「長きにわたり道路の愛護活動にご尽力いただき感謝している」とその功績をたたえた。

 

 表彰状を手にした田中代表は「日々、楽しみながら美化活動に励んでいる。生きているうちに与論を花いっぱいの島にするのが夢」と笑顔で語った。