ストレスチェック 来月から義務化

 従業員50人以上の事業所を対象に12月1日、働く人の心の健康を保つための「ストレスチェック」が義務付けられる。年1回、職場での心理的負担などを量る調査票の質問に従業員が答え、医師らが評価し本人に通知する。ストレスが高い場合は医師の面接指導が勧められる。労働者のメンタルヘルス不調の未然防止が目的で、奄美群島内は約100事業所が対象。従業員のプライバシーに関わるため、適正な運用が求められている。