ポンカン移動規制前の収穫分も補償対象に/ミカンコミバエ市町村説明会

廃棄対象作物の廃棄手順などが示された市町村向けの説明会=4日、奄美市名瀬の県大島支庁

廃棄対象作物の廃棄手順などが示された市町村向けの説明会=4日、奄美市名瀬の県大島支庁

 果実(果樹)や果菜類の害虫ミカンコミバエが奄美大島に再侵入した問題で県は4日、奄美市名瀬で市町村の農政担当者を対象に説明会を開いた。13日の移動規制開始を前に収穫したポンカンについて買い上げ補償の対象とする方針が示された。今後は市町村主催の住民説明会を経て廃棄対象果実の検量や買い上げ契約などの作業に移る。

 会議は非公開。県大島支庁農政普及課によると、農林水産省や県の担当者が緊急防除の内容や買い上げ基準、廃棄の流れを示した。各市町村は近く住民説明会を開き、作業の手順などを周知する。