世界遺産早期実現へ

県議会で可決した意見書を平口副大臣(中央)に手渡す池畑県議会議長(左から3人目)ら=15日、環境省副大臣室

県議会で可決した意見書を平口副大臣(中央)に手渡す池畑県議会議長(左から3人目)ら=15日、環境省副大臣室

 鹿児島県議会(池畑憲一議長)の代表は15日、12月定例会で可決した「奄美・琉球の世界自然遺産登録の早期実現に向けた取り組みの推進を求める意見書」を環境省、自民党、公明党など政府・与党に提出した。環境省で応対した平口洋副大臣は「世界自然遺産登録については関係機関や地元の皆様と調整しながら早期実現を目指しているところ。特定民有地買い上げ事業費も2016年度当初予算で増額要求している」などと答えた。