交付金に地元応募枠―政府18年度予算案

0-1 政府は22日、2018年度予算案を閣議決定した。奄美群島振興開発事業関係(国土交通省一括計上分)は公共、非公共を合わせて前年度当初比1・9%減の212億3千万円。非公共で各種ソフト事業に充てる奄美群島振興交付金は前年度当初と同額の24億円を確保した。同交付金事業では地元市町村にメニューを募る「チャレンジ枠(仮称)」が新設される見通しだ。