人命救助の市來さん(知名町)へ感謝状 沖・与地区消防本部

感謝状を受け取った市來さん(前列中央)=27日、沖永良部与論地区消防本部

感謝状を受け取った市來さん(前列中央)=27日、沖永良部与論地区消防本部

 沖永良部与論地区広域事務組合(管理者・伊地知実利和泊町長)は21日付で、知名町住吉で発生した火災で人命を救助したとして同町田皆の市來真吾さん(36)に感謝状を贈った。感謝状伝達式が27日、同町の広域事務組合消防本部であり、池田哲勇消防長らが市來さんの功績をたたえた。

 

 市來さんは13日午後5時ごろ、住吉のサトウキビ畑で発生した火災で、被災していた80代男性を発見し、救助した。男性は火災のあった畑の管理者で、火災時は消火しようとしたが、足場が悪く動けなくなっていた。現在はやけどなどの治療のため入院中で、命に別条はないという。

 

 感謝状を受け取った市來さんは「畑が燃えているのに人影が見えなかったので違和感を覚えた。知人の消防団員に連絡し、状況を確認するため畑に入ったら、倒れている人がいたので両脇を抱え安全な場所に運んだ」と当時を振り返り、「(男性が)無事でよかった」と笑顔を見せた。

 

 池田消防長は「勇気ある行動に感謝する。火災発見後すぐに消防団員に通報した冷静な対応も素晴らしい」とたたえた。