今井氏「子や孫に誇れる町目指す」 知名町長選、2期目へ出馬表明

町長2期目を目指し立候補表明した今井力夫氏=9日、知名町議会本会議場

町長2期目を目指し立候補表明した今井力夫氏=9日、知名町議会本会議場

 任期満了(12月20日)に伴う知名町長選挙で、現職の今井力夫氏(64)が9日、2期目への立候補を表明した。同町長選での立候補表明は今井氏が初めて。

 

 町議会の一般質問で進退を問われた今井氏は「1期目の施策のほとんどが道半ば。町政課題に真摯(しんし)に取り組み、町民の福祉向上へ向け次期町長選に立候補する所存」と答えた。

 

 今井氏は「町民が主役、子や孫が誇れる潤いと活力ある町づくりを目指す」とし、町政の課題として▽ウィズコロナ時代の町づくり▽地球規模で拡大する温暖化への対応▽人口減少・少子高齢化が進行する中での人材不足▽産業や教育の振興などを挙げた。

 

 今井氏は同町田皆出身。1982年から兵庫県、鹿児島県の中学校で教職員を務め、龍郷町立龍北中学校長や知名中学校長など歴任。2017年に知名町長に初当選した。