伊仙町で1人感染 県内全体では4人 新型コロナ

  【鹿児島総局】県と鹿児島市は14日、新たに4人の新型コロナウイルス感染者を確認したと発表した。このうち1人は伊仙町の80代女性。同日現在、県本土の医療機関に入院中。感染経路などについて現在、県が調査を行っている。

 

 県によると、女性は7日からせきやたんの症状を発症し、その後、症状が悪化したため、13日に徳之島の医療機関でTRC検査を受けたところ陽性が判明した。女性の健康状態などを考慮した医師の判断により、14日に海上保安部の航空機で県本土の医療機関に搬送された。同日現在、倦怠感や息苦しさを訴えているという。

 

 濃厚接触者として14日までに親族3人の検査を行い、いずれも陰性を確認。県は他にも濃厚接触者がいないか調べている。

 

 同町以外で確認された新たな感染者は、鹿児島市、霧島市、阿久根市在住の20代から50代までの男性3人。クラスター(感染者集団)の関連は確認されていない。

 

 県全体の感染者総数は14日現在、1930人。13日現在38人が医療機関に入院し、28人が宿泊療養、3人が自宅待機中。