冷静な対応呼び掛け きょう一部イベント中止 和泊町コロナ対策本部

新型コロナウイルス感染確認を受け、対応を協議する和泊町の対策本部=7日午後5時半ごろ、同町役場

新型コロナウイルス感染確認を受け、対応を協議する和泊町の対策本部=7日午後5時半ごろ、同町役場

 【沖永良部総局】和泊町で新型コロナウイルスの感染者1人が確認されたことを受け、町は7日、新型コロナウイルス感染症対策本部(本部長・伊地知実利町長)の会合を開き、8日に予定されていた町内のイベント開催の有無などを協議した。町はホームページと防災無線で町民に情報を発信し、「新しい生活様式のもとで感染症対策を徹底し、慌てることなく、冷静な対応を」と呼び掛けた。8日には知名町とも対応を協議する予定。

 

 和泊町での新型コロナウイルス感染者の確認は4月1日以来。感染が確認されたのは同町在住の30代男性会社員で、1日に与論島から帰島した。現在は島内の医療機関に入院している。

 

 会合には役場と消防から18人が参加。町内で感染者が確認されことについて情報を共有し、スポーツ少年団のバレーボール大会中止を決めた。

 

 会合後、町は防災無線の緊急放送で、町内での感染者確認を報告。ホームページでも情報を発信し、新しい生活様式のもとでの感染症対策については▽マスクの着用や手指消毒を徹底する▽外出では密閉、密集、密接のある場所を避ける▽体調不良の人は外出を控え、各種イベントの開催や参加では事前の体調確認を行い、手洗いも徹底して3密を避けて定期的に換気をする│などを呼び掛けた。

 

 その上で、感染者や医療従事者、その家族に対する不当な差別や偏見、風評被害につながるような根拠のないうわさの拡散などの行動はしないよう協力を求めた。

 

 会合は非公開。会合後、取材に対し、伊地知町長は「まだ濃厚接触者などの情報が入ってこないので、8日以降に知名町と合同か、町ごとに対応するか考えたい。町民には感染者が確認されたということは知っていただきたい」と話した。

 

 会合後、町内での感染者確認を受け、8日に予定されていた沖永良部漁協主催のお魚販売会、町商工会のGoToEatプレミアム付き食事券販売会も中止が決定した。