初の放課後児童ク開設  宇検村

宇検村初となる放課後児童クラブを利用する児童ら=21日、田検小

宇検村初となる放課後児童クラブを利用する児童ら=21日、田検小

   宇検村は2021年度、同村初となる放課後児童クラブを村立田検小学校内に開設した。初年度の登録児童は村内4小学校の1~4年生25人。21日は13人の児童が、宿題や体力づくりに励みながら、校区を越えて友情を育んでいた。

 

 同クラブは、保護者が就労などで昼間に家庭にいない世帯の児童を対象に、遊びや集団活動を通して児童の健全育成を図る目的で設置。教室は田検小のパソコン室(約60平方㍍)を20年度に改修した。初年度の総事業費は、職員の人件費などを含め826万円。

 

 登録児童の内訳は▽通年14人▽夏休みなど長期休業のみ11人。職員2人体制で児童の活動をサポートする。利用料金は月額5000円。ただし8月のみの利用は月額1万円。

 

 開所は、学校の授業日の午後6時まで。長期休業期間中は、平日の午前8時~午後6時に開所(弁当持参)する。休所日は土・日・祝日や年末年始など。

 

 同クラブの運営を担当する村保健福祉課によると、通年の登録児童は1年生が11人と割合が高い。田検小以外の児童は、同村社会福祉協議会に登録したボランティアなどが同クラブまで送迎しており、阿室小の児童は片道約40分かけて通所しているという。

 

 同課担当者は「田検小での実績をみながら、来年度以降に他校での放課後児童クラブ開設なども検討したい。今年度は、職員の増員にも取り組んでいく」と話した。