土砂災害警戒情報 運用変更から1カ月

各種気象情報について確認した名瀬測候所防災気象連絡会総会=22日、奄美市名瀬

各種気象情報について確認した名瀬測候所防災気象連絡会総会=22日、奄美市名瀬

 名瀬測候所防災気象連絡会の2015年度総会が22日、奄美市名瀬のAⅰAⅰひろばであった。土砂災害警戒情報は気象庁と都道府県が共同で発表する。鹿児島地方気象台と鹿児島県は全国に先駆けて2005年から、大雨による土砂災害の危険度の高まった市町村を特定して発表してきた。運用の変更は、発表の条件とする雨量に関する県、気象台それぞれの基準指数を統一化し4月23日に開始した。