基礎知識、技術習得へ 農業塾が開講 天城町

 開講式に参加した受講生=9日、天城町瀬滝

開講式に参加した受講生=9日、天城町瀬滝

 農業の基礎知識や技術を学ぶ天城町の「農業塾」が9日開講し、町農業センターで開講式と第1回講座があった。農業者や地域住民らが、行政や民間の専門家の指導を受けて、技術の習得と農業所得の向上を目指す。

 

 農業塾は、農業振興に向けた担い手の確保と育成を目的に、2015年度からスタート。今年度は▽秋冬野菜の育て方▽堆肥、有機肥料の製造▽草花の栽培│などをテーマに計5回の講義を計画しており、受講生は興味のあるテーマを選んで受けることができる。

 

 開講式には天城町を中心に島内3町から51人が参加した。森田弘光町長はあいさつで、「農業センターは町農業の拠点。多くの皆さんに利用していただき、農業を学んでほしい」と激励した。

 

 式に続いて第1回講座があり、同センター前所長の瀬川裕美さんが「土づくりと施肥の要点」と題して講義。微生物が住みやすく水はけがよい土づくりや緑肥、液肥の使用方法などについて解説した。