天城町で2人目 県内では新たに6人 新型コロナ

 【鹿児島総局】県と鹿児島市は27日、県内で新たに6人の新型コロナウイルス感染者が確認されたと発表した。うち1人は天城町の30代男性で、同町在住の感染者は2人目。残る5人は鹿児島市内の接待を伴う飲食店2店舗で発生したクラスター(感染者集団)関連で、20代から70代のいずれも男性。このクラスターによる感染者は29人となった。

 

 県によると、天城町の男性は26日に感染が発表された同町の30代男性と同じ職場に勤務。今月21日までの島外滞在にも同行していたことから濃厚接触者として26日にPCR検査を受け、27日に陽性が判明した。症状などは出ておらず、同日現在、自宅待機中。

 

 鹿児島市の飲食店で発生したクラスター関連の感染者は鹿児島市が4人、姶良市が1人。

 

 鹿児島市側は、同市在住の4人のうち2人については20日に陽性が判明した感染者の接触者、残る2人は25日に陽性が判明した感染者の接触者として発表しており、店舗のスタッフか来店客かは明らかにしていない。70代男性を除く20代男性2人と30代男性1人が倦怠感や発熱などの症状を訴えている。4人とも医療機関への入院準備中。

 

 姶良市の感染者は40代男性で、25日に陽性が確認された感染者の接触者。症状などは出ておらず、自宅待機中。

 

 27日現在の県内感染者数は411人。26日現在、8人が医療機関に入院し、20人が宿泊療養、1人が自宅待機中となっている。