奄美大島の生果実 移動規制を決定/農水省・有識者会議

ミカンコミバエ種群の防除対策の有識者会合=4日、農水省会議室

ミカンコミバエ種群の防除対策の有識者会合=4日、農水省会議室

 農水省は4日、「ミカンコミバエ種群の防除対策検討会議」の結果を受けて、果樹の害虫・ミカンコミバエが大量飛来している奄美大島全域で植物防疫法に基づく移動規制の実施を決定した。移動規制の期間は12月中旬から2017年3月まで。奄美大島ではミカンコミバエが根絶宣言されてから36年ぶりの移動規制の再施行となる。これから収獲や島外出荷を迎えるポンカンやタンカンなどを中心に果樹農業に大きな打撃を与えることが予想される。