奄美農業のけん引者に 農業研修生修了・入所式 奄美市

修了生2人に修了証書を手渡し、新たな研修生2人を紹介した修了・入所式=5日、奄美市役所

修了生2人に修了証書を手渡し、新たな研修生2人を紹介した修了・入所式=5日、奄美市役所

  奄美市農業研修センター(理事長・朝山毅市長)の修了・入所式が5日、市役所会議室であり、2017年度の修了生2人に修了証書を授与し、18年度の新入所研修生2人を紹介した。

 

 修了証書を受け取ったのは山田博之さん(47)=名瀬=と、野崎淳一郎さん(44)=笠利町。パッションフルーツと露地野菜の栽培を計画している山田さんは「息の長い営農を目指す」、父親とともにサトウキビ生産に取り組む野崎さんは「他の農家とも親睦を図りながら、キビ農業を支えていきたい」と力強く抱負を述べた。

 

 朝山市長は「1年間という短い期間だったが、農業への心構えや技術をしっかり学んだと思う。農業に対する真摯な思いを全うし、奄美農業のけん引者として頑張ってほしい」と激励した。市農林振興課によると、2人を含め修了生は延べ35人となった。

 

 入所したのは田中幹雄さん(40)=名瀬=と、武井悠起さん(33)=同。田中さんはタンカンやパッションフルーツなど、武井さんはパッションフルーツや露地野菜の栽培農家を目指し、1年間の研修に入る。