定数16に17人、少数激戦=徳之島町議選告示

 任期満了(4月21日)に伴う徳之島町議会議員選挙は20日告示された。定数16に対して予想の17人が立候補し、5日間の選挙戦に入った。投票は25日に行われ、即日開票される。

 

 立候補者の内訳は現職13人、元職2人、新人2人。党派別では共産と公明が1人ずつで、その他は無所属。町役場第3会議室で立候補手続きを済ませた各候補は、選挙事務所前などで第一声。選挙カーで町内一円を回り、立候補のあいさつに声をからした。

 

 選挙戦は従来同様、地縁血縁を頼りとした展開が予想されている。選挙戦初日は時おり雨が降るあいにくの空模様だったが、福祉・子育て支援や人口減少対策、農業振興などを政策に掲げ、車を降りて街頭から支持を訴える候補者の姿もあった。

 

 期日前投票は21~24日まで、午前8時半から午後8時まで町選挙管理委員会で受け付ける。投票は25日午前7時から午後6時まで、町内12カ所で行われる。開票は同日午後8時から町生涯学習センターで始まり、同11時ごろには新議員16人の顔ぶれが決まる見込み。

 

 19日現在の選挙人名簿登録者数は8852人(男4329人、女4523人)。前回(2014年)の投票率は83・75%だった。