岸防衛相が奄美視察 駐屯地など4カ所

視察で奄美駐屯地を訪れた岸防衛相(左)=18日、奄美市名瀬

視察で奄美駐屯地を訪れた岸防衛相(左)=18日、奄美市名瀬

  岸信夫防衛相は18日、奄美市名瀬の陸上自衛隊奄美駐屯地など、奄美大島の陸海空自衛隊施設4カ所を視察した。岸防衛相は奄美駐屯地で隊員約250人へ行った訓示で、中国が南西地域で活動を活発化させていることに触れ「緊急事態の対処のみならず、平素からの警戒監視や各種訓練が抑止につながっていることを理解し、全隊員一丸となって取り組むことを期待する」と激励した。

 

 岸防衛相は南西諸島の防衛態勢の視察や隊員の激励を目的に、17日は沖縄県の陸上自衛隊与那国駐屯地を訪問。18日は奄美市笠利町の空自奄美大島分屯基地を皮切りに、陸自の奄美駐屯地と瀬戸内分屯地、海自奄美基地を視察した。2019年3月に奄美駐屯地と瀬戸内分屯地が開設されて以降、防衛相の視察は初めて。

 

 午前10時20分、隊員の出迎えを受け岸防衛相が奄美駐屯地に到着。その後、日髙正暁奄美駐屯地司令の案内で部隊の状況報告や施設の巡視、地対艦誘導弾など陸自2施設で保有する装備品の説明を受けた。

 

 岸防衛相は訓示で「中国が南西海空域での活動を拡大、活発化させ、頻繁に海警局の船舶を尖閣諸島周辺のわが国領海に侵入させている。海空軍の活動範囲は東シナ海のみならず、太平洋や日本海にも拡大している」と中国の動きに警戒感を示した。

 

 その上で「全長約1200㌔にも及ぶ広大な南西地域の防衛態勢の維持、強化のためには、奄美駐屯地、瀬戸内分屯地の存在が不可欠。わが国の平和と安全は自らの双肩にかかっていることを自覚し、日々の任務に精励してほしい」と強調した。